シロアリの見分け方|沖縄県浦添市

TEL050-5218-8738
受付:9:00~18:00 土日祝休

シロアリの見分け方

シロアリはクロアリと同じ仲間に思われがちですが、実際にはクロアリとは全く違う昆虫として分類されています。シロアリの働きアリは体が白色ですが、羽アリの段階ではクロアリ同様に体が黒いため、普通のアリと見分けるのが難しくなっています。シロアリを見分けるには、その特徴を把握し、クロアリとの違いを知っておくことが重要なポイントです。

羽アリ時のシロアリとクロアリの違い

シロアリとクロアリの見分け方としては、外見上の特徴と、発生時期が最大のポイントになります。

特徴シロアリクロアリ
前羽と後ろ羽の大きさがほぼ同じ前羽が後ろ羽より大きい
胴体くびれがなく寸胴くびれがある
触覚数珠上でまっすぐ伸びているL字型に曲がっている
発生時期4月~7月4月~10月

ヤマトシロアリは北海道の一部を除く本州全域に生息し、羽アリは4月~5月頃に発生します。

イエシロアリは沖縄・本州以南の海岸線沿いに生息し、羽アリは5月~7月頃に発生します。

この発生時期に家の周辺でシロアリの羽アリを見かけたら、早急にシロアリ対策を考える必要があります。

お見積り・ご相談

050-5218-8738

受付:平日 9時から18時まで
土曜日・日曜日・祝日 休み

問い合せフォーム
メールは24時間365日受付中

↑ PAGE TOP